つれづれめも

いろいろなはなし

『これは経費で落ちません!』原作の感想

重岡くん、NHKドラマ『これは経費で落ちません!』への出演決定おめでとうございます。ということで原作の感想をまとめていきたいと思います。ちなみに、重岡くん誕生日の8/26には、NHK BSプレミアムで映画『溺れるナイフ』が放送されるようです!

ネタバレ注意です!

 

 

 

原作

原作は、青木祐子さんによる小説『これは経費で落ちません!』。2019年7月19日に第6巻が発売しました。2019年7月26日よりNHKで連続ドラマがスタートします。https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/keihi/

 

コミカライズもされています。

 

 

おもな登場人物(第1巻時点)

・森若沙名子:天天コーポレーション経理部 。入社5年目の27歳。彼氏いない歴=年齢。

佐々木真夕:天天コーポレーション経理部。入社3年目。ケアレスミスが多い。

・田倉勇太郎:天天コーポレーション経理部。経理ひとすじ15年。

新発田:天天コーポレーション経理部長。営業部長と仲が悪い。

・山田太陽:天天コーポレーション営業部販売課のエース。入社4年目の26歳。お調子者。

・吉村:天天コーポレーション営業部長。経理部長と仲が悪い。

 

 

第1巻

第1話

主人公・森若沙名子の人となりがよくわかる話。山田太陽が持ちこんだ「4800円、たこやき代」という領収書から、社内の人間関係が見えてきます。

 

・森若竜真:沙名子の弟。大学生。

・中島希梨香:天天コーポレーション営業部企画課。佐々木真夕と同期。

・曽根崎メリー :プライムプランニングSのインテリアデザイナー建築士の資格も持っている。通称プラプラの姫。36歳。

・天天コーポレーション:社員125人(うち経理部4人)からなる、中堅どころの石鹸メーカー。元の社名は天天石鹸。

・プライムプランニングS:通称プラプラ。インテリアデザインを手がけている会社。

・SHINOZAKI:大手メーカーの子会社。浴槽やキッチンを専門としている。 

・パラダイスバスカフェ:天天コーポレーション、プライムプランニングS、SHINOZAKIが協力して立ち上げている企画。天風呂とも呼ばれている。

 

 

第2話

同じ作者さんの別作品『風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室』に出てきた、天天コーポレーション研究所が舞台。時系列でいうと、こちらの第2話が後日譚になっています。 沙名子の同期である鏡美月が登場します。沙名子の観察眼と推理力が本当にすばらしいです。細かな外見描写が伏線になっていたり。

 

・天天コーポレーション研究所:茨城県さくらら市にあり、東京本社からは電車で1時間ほどの距離。

・田中秋子:天天コーポレーション研究所の総務と庶務を担当。

・砂川ゆいみ:天天コーポレーション研究所の受付担当。26歳。

・大谷咲:天天コーポレーション研究所の契約社員で受付担当。23歳。

・澤田由香:天天コーポレーション研究所の元・受付担当。化粧品開発部門の澤田と結婚し退職。

・鏡美月:天天コーポレーション研究所の研究員。森若沙名子と同期。

・円城格馬:天天コーポレーションの上役。

 

 

 

第3話

山田太陽視点と沙名子視点が描かれています。沙名子と出会い、どんどん惹かれていくお話。距離を詰めようとなんとか頑張る太陽。2人の様子も気になりますが、鎌本さんの様子が不気味でこちらも気になります…。

 

・鎌本義和:天天コーポレーション営業部。山田太陽の先輩。36歳。

 

 

第4話

『風呂ソムリエ』にも出てきた、秘書課 有本マリナと対峙するお話。沙名子と太陽の仲が1歩進みそうな予感…!

 

・有本マリナ :天天コーポレーション総務部秘書課。

・横山窓花:天天コーポレーション総務部庶務課の事務職員。32歳。

・鈴木宇宙:天天コーポレーション製造部主任。

 

 

第2巻

第1話

広報課 皆瀬織子のお話。沙名子と太陽の会話がとっても恋。このシーン、ドラマでもありますかね?

 

・皆瀬織子 :天天コーポレーション営業部広報課。広報課ひとすじ15年。既婚。

 

 

第2話

中学生時代の人間関係を思い出しました。不穏なお話。後味が悪い話が多い気がする…。社会人になってから思うようになりましたが、顔を立てることって重要ですね。私的な飲み会に出席することで、自分の立ち位置を確立できるんだなあと学びました 笑。いくつになっても人間関係に悩みはつきものです…。

 

・玉村志保:天天コーポレーション総務部。

・新島:天天コーポレーション総務部長。 

 

 

第3話

営業部のエース、山崎さんの秘密。ちょっとサイコパス気質のような…?

 

・山崎柊一:天天コーポレーション営業部の真のエース。

 

 

第4話

ダントツで面白いお話でした。経理部員としての葛藤と、太陽からの救いのような優しさ。同僚の田倉勇太郎に焦点があたります。

 

・熊井良人:天天コーポレーションの製造部員。静岡工場で勤務している。中途採用

 

 

第3巻

第1話

作中では珍しく、「経費で落としてください」と言うお話。

 

・室田千晶:天天コーポレーション広報課。ショールームの受付を担当。契約社員。28歳。 

 

 

第2話

馬垣さんのような社員、現実にもいるような…?笑  沙名子と太陽の関係性が変わりそうな予感。太陽は直球でくるところがとても気持ちがいいですね。

 

・馬垣和雄:天天コーポレーション企画課。35歳。

・村岡:天天コーポレーション企画課課長。

 

 

第3話

沙名子がまるで安楽椅子探偵のような役割を果たすお話。第1巻を思い出してみると、太陽はすっかり沙名子の休日の一部になったんだなあと思います。

 

・小針:パラダイスバスカフェの女性店長。

・八代:パラダイスバスカフェのフロアリーダー。

・細川:SHINOZAKIの課長。パラダイスバスカフェの担当。

・ころすけ:細川の愛犬。セントバーナード

・曽根崎裕也:曽根崎メリーの息子。小学3年生。

 

 

第4話

沙名子と太陽の関係性が変わっています。いつのまに!?勇太郎の「完璧な女か」の意味は第5巻で答え合わせがあります。

 

・平松由香利:天天コーポレーション総務部の主任。40歳。

・三並愛美:株式会社サウス&スターの社長。34歳。元CA。

 

 

第4巻

第1話

第3巻の第4話で登場した、麻吹美華が経理部員として動き出すお話。正しさで全てが丸くおさまるわけではない。沙名子と太陽の会話が初々しい。

 

・麻吹美華:天天コーポレーション経理部の新入社員。31歳。

 

 

第2話

人は見かけによらないお話。石鹸づくりにかける情熱が垣間見えます。そして、田倉勇太郎の秘密を知ってしまう沙名子。結構衝撃的でした 笑。

 

・留田辰彦:天天コーポレーション製造部石鹸製造課主任。入社37年のベテラン。

・藤見アイ:天天コーポレーション製造部石鹸製造課の新人。

 

 

第3話

沙名子と太陽の関係がもっとも進展するお話。ただし不穏な空気も若干あります。太陽の対応はベストだったのか。後々に影響がありそうな予感…。続きがとても気になります。実写ドラマの2人の仲はここまで進むんですかね!?

 

・樹菜:太陽の元カノの後輩。24歳。

 

 

第4話

麻吹美華vs有本マリナのお話。少ない手がかりから推測し、決定的な証拠をつかみます。「有本さんは頭が悪いからです」でちょっと吹き出しました。

 

 

第5巻

第1話

第5巻は、今まで登場した脇役のキャラクター視点になっています。第1話は佐々木真夕視点。まだ経理部に配属されたばかりの頃のお話。私もミスが多いので親近感半端ないですね…。

 

・アレッサンドロ:CAROLINEのボーカル。作詞も担当している。

 

 

第2話

山崎柊一視点。思い通り他人に気にかけず生きているイメージがありましたが、珍しくうまくいかない、人間らしい部分が見えるお話。でも彼なりに愛していたんでしょうか。

 

・落合俊也:プラスティック加工工場の経営者。山崎の10年来の友人。

 

 

第3話

平松由香利視点。第3巻4話の裏側です。三並愛美というキャラクターがわりと怖いのですが…。本心で言っている部分もあるんでしょうか。そうだとしたらより一層怖さを感じます。沙名子を巻き込んだのは、最善の選択だったのかもしれません。

 

 

第4話

中島希梨香視点。このお話を読むまでは希梨香のことが好きではなかったのですが、読んでからは応援したくなりました 笑。こんな環境じゃ愚痴りたくなっちゃいます。何気に山崎さんの人心掌握術が気になりますね…。

 

・仙田隆:天天コーポレーション営業部企画課。中島希梨香の同僚。

・越野蓮:公務員。中島希梨香の婚約者。通称レン君。

・ヨシダヒナ:アトリエファイブスのデザイナー。

 

 

第5話

田倉勇太郎視点。どうして皆瀬織子なの?と思っていましたが、なるほどな〜とわかったようなわからないような。でもそれを言うなら、どうして皆瀬知也なの?とも思いました。おさまるべきところにおさまるといいのですが…。

 

・熊井知歌:熊井良人の妻。

 

 

まとめ

ほろ苦いお話が多いように感じました。考えてみれば、経理部員が行動を起こすのは、お金の不穏な動きを察知した時だからかもしれません。意図的な動きであることが多いのです。人は単純な生き物ではないから、疑わざるをえない。あくまでその人の一面を見ているだけであり、人はいくつも顔を持っているものなんですね。

実写ドラマではどのお話を放送するんでしょうか。時間があったら、ドラマの感想もアップしたいです!

 

第6巻は読み終わったら感想を追加する予定です。