つれづれめも

いろいろなはなし

【歌詞解釈】Travis Japan「The Show」

作詞:HIKARI 作曲:SAMDELL/HIKARI

(I'm back here・・・)

It's time 始めようか

随分イイ子でSo far 待ってたようだね

Crank up 長い時を待ちびてたのは

君の方だけじゃないさ

(ここに戻ってきたよ)

さあ時間だ。随分イイ子でここまで待ってたようだね。はじまろうとしてる。会えるまで、長い時を待ち侘びてたのは僕も同じ(ずっと会いたかった)。

 

身体からだ中満たすAdrenaline

I really like, I really like the feeling

スピード増す鼓動はGroovin'

何処どこまでだって行けるよ

戻らない時間なら いっそ今夜僕と

全てを置いて行こう Come on, come on

派手に行こうぜ

興奮で身体中をアドレナリンが満たしてる。この感じが本当に好きなんだ。高まる鼓動でグルーヴを感じてる(きっとみんな胸が高鳴ってるはず)。何処までだって行けそうなくらい。会えなくて失われた戻らない時間なら、いっそ今夜僕と全て置いて行こう(失った時間なんてもう気にしなくていい、今夜で忘れようよ)。派手に堂々と行こうぜ。

 

Wow-oh-oh-oh・・・

さあおいで 光の渦へと

Wow-oh-oh-oh・・・

極彩色の世界へと

Give your give yourself,

Give your give yourself away

戸惑いなんて今は脱ぎ捨てて

Wow-oh-oh-oh・・・

君のすべてをさらしてごらん

さあおいで、ライトアップされて色鮮やかなステージへ。君自身を曝け出して。戸惑いなんて今は脱ぎ捨てて、君のすべてを曝してごらん。

 

Showtime 覚悟はいいかい

まだまだここからが本番だぜ

Fired up 僕の奥に秘めた衝動を

もう止められやしないんだ

ショーの始まりだ。覚悟はいいかい?まだまだここからが本番だぜ(もっとすごいものを見せてあげる)。燃え上がる、僕の奥に秘めた衝動をもう止められやしないんだ。

 

見飽きただろう仮想現実

This is not, this is not a fancy

リアルな夢ならここに

あきれるほど転がるよ

この場所で出会えた 奇跡をみ締めて

カタルシスの向こうへ Come on, come on

一緒に行こうぜ

空想とか想像とか夢ばかり見飽きただろう。でもいまこれは夢じゃないんだ。夢みたいな現実がここにあきれるくらい転がってるよ(まるで夢のようなリアルを、あきれるくらい見せてあげる)。この場所で出会えた奇跡を噛み締めて、カタルシスの向こう側へ一緒に行こうぜ(君を置いてなんか行かない)。

 

「仮想現実=fancy↔︎リアル」と考えてみました。仮想現実とはVRではなくて、現実でない夢とか空想とか想像かなと思いました。「会えない間は夢みたいに思っていたことも、いまここで見せてあげられるよ」という意味だと思います。カタルシスとは心を浄化すること。会えた、というそれだけで満足してしまいそうだけどさらにその向こう側へ、「もっと上を目指して一緒に行こう」というのがここでは主張されているように感じました。

 

Wow-oh-oh-oh・・・

さあ踊れ 二度はない夜を

Wow-oh-oh-oh・・・

誰の邪魔もないこの時を

Give your give yourself,

Give your give yourself away

恥じらいなんてフロアに散らかせ

Wow-oh-oh-oh・・・

僕のすべてで満たしてあげる

さあ踊れ、二度はない夜を、誰の邪魔もないこの時を(遮るものなどない)。 君自身を曝け出して。恥じらいなんてフロアに散らかして踊ろうよ。僕のすべてで満たしてあげる。

 

そうさOne for your loving

And two for the show

余計なものなどもう要らない

夢見てるだけ? いやうそでしょう

出会う前にはもう帰れない

 

Wow-oh-oh-oh・・・

さあおいで 光の渦へと

Wow-oh-oh-oh・・・

極彩色の世界へと

Give your give yourself,

Give your give yourself away

戸惑いなんて今は脱ぎ捨てて

Wow-oh-oh-oh・・・

君のすべてをさらしてごらん

そうさ。1に君の愛することのために、2にショーのために。3なんかない、余計なものなどもう要らない。そんなのは夢見てるだけだって?いやそんなの嘘でしょう。だって出会う前にはもう帰れない(君と出会って確実に変わったんだ、君なしでは考えられない)。

 

「one for ○○、two for △△」というのはよくある表現らしく、人によって○○や△△に入る言葉が違うようです。トラジャにとっては「your loving」と「the show」の2つしか当てはまらない。「your loving」はいろいろと解釈があるかと思いますが、「君が愛している日常」「君が愛している世界」というようなニュアンスかなと思いました。それは「トラジャがいる日常」「トラジャがいる世界」であり、愛されていると確信して相思相愛だからこそこの歌詞かなと勝手に思いました。
私は、今までのオリジナル曲の中でも、内からにじみ出る自信が感じられる曲だと思っています。この曲こそ、実際に会場で聞きたいですね!心からそう願っています。